【ワイン】お酒買取の相場を知る|高く売れるワインまとめ

ブルゴーニュワインの買取相場

ブルゴーニュワインは、フランスの東部にあるブルゴーニュ地方で作られているワインです。
ヨーロッパの中でも古くからワインの生産が盛んな地域で、大小含め様々なワイナリーが存在します。
ブルゴーニュワインは有名な銘柄も非常に多く、高級レストランなどでも人気が高くなっています。
有名な高級ワインである5大シャトーに負けない買取価格が最大の特徴です。

ブルゴーニュワインの買取相場は軒並み高値です。
その中でも高いのがロマネ・コンティで、例えばロマネ・コンティ・リシュブールは8万円~10万円以上、ロマネ・コンティ・エシェゾーでも5万円以上の買取相場になっています。
最も高値が期待できるのはロマネ・コンティ・ラ・ターシュですが、全般的に15万円以上の買取価格は当たり前で、1999年物なら20万円以上になることもあります。

ボルドーワインの買取相場

画像引用元:http://iewine.jp/article/1399

同じくフランス産ワインの中では、ボルドーワインも高値が期待できます。
ボルドーワインは、フランス南西部のボルドー地方で生産が盛んなワインで、主に赤ワインが主流になっています。
世界中でボルドーワインは愛されており、濃厚なブドウの香りにすっきりとした味わいが人気を呼んでいます。
高級ホテルやレストランでも定番のワインです。ボルドーワインは日本でも人気が高く、買取業者も買取に力を入れています。

ボルドーワインは買取相場も高めですが、製造するワイナリーや銘柄により相場に開きがあります。
最も高値の銘柄はシャトー・ル・パンで、ヴィンテージによっては20万円以上の値が付きます。
最も買取相場が安いのはシャトー・マルゴーですが、それでも2万円以上は期待できます。全体の買取相場を平均すると、4~5万円ほどに落ち着きます。

高額買取が期待できる5大シャトー

5大シャトーを聞いたことがありますか?19世紀に開催されたパリ万博において、フランス・メドック地区の格付けで第一級に認定された銘柄と、1970年代に第一級認定されたシャトー・ムートン・ロートシルトを合わせた高級ワインの総称です。5大シャトーは世界的に支持されているワインであり、希少性の高さや味の奥深さなどから多くの人々に愛されています。

5大シャトーはほとんど値崩れがなく、買取相場も安定しています。
中でも買取相場が安定しているのはシャトー・ムートン・ロートシルトで、平均5万円程度での買取が主流になっています。
また、シャトー・ラトゥールも同様に5~6万円ほど、シャトー・オー・ ブリオンでも3~4万円が買取相場です。
どの銘柄も数万円の買取相場になっており、ワイン全体で見ても買取相場は高い水準にあります。

その他のワイン

画像引用元:https://www.aeondewine.com/shop/goods/goods.aspx?goods=A106-4542312005817

他にも高値売却が期待できる銘柄は様々あります。例えばアメリカのカリフォルニア州のワイナリーで製造されているオーパス・ワンは、買取価格が3万円近くになることも珍しくありません。
オーパス・ワンは製造本数が少ないワイン銘柄でもあり、年代を問わずに価格も安定しているのが特徴です。ほとんどの年代物で買取価格が2万円を超えます。

また、同じカリフォルニア州のスクリーミング・イーグルは、非常に希少価値が高い銘柄です。
買取価格も10万円が超えることは少なくありませんし、1992年物のカベルネ・ソーヴィニヨンなら20万円オーバーもあります。

他にも、芳醇な香りと希少性の高さが人気のケンゾーという銘柄もありますが、買取業者でも高値買取の定番になっています。
年代にもよりますが、1万円を超える値で売れる場合もあります。
特に藍と紫の2つは人気があり、高値が期待できる銘柄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です