一気に沢山のお酒を売れる!お酒買取の流れを紹介【出張買取編】

大量のお酒は出張買取がおすすめ

売りたいお酒が大量にある場合、宅配買取では梱包の手間がかかりますし、店頭買取は持ち込む労力が大変ですよね。
いずれも大量のお酒を売るには不向きの方法で、小分けにして売るなどの工夫が必要です。
しかし、出張買取を利用すれば沢山のお酒も難なく買取してもらえます。

出張買取は、買取業者の鑑定士が自宅までお酒を買取に来てくれる方法です。
日時を指定して申込めば、鑑定士が自宅へ来るのを待つだけで済みます。
面倒な手続きなどもいっさい不要なうえ、自宅の玄関先で査定してくれることから、安心感も大きい買取方法と言えます。
また、その場で査定結果を教えてもらえますので、すぐに現金化したい時にも便利です。

面倒な梱包がいらない

お酒の買取でメジャーな宅配買取は、お酒を梱包する手間がかかります。
割れないよう一本ずつエアパッキンで包み、更に段ボールへ詰め込む作業は、売りたいお酒の本数が多いほど手間になってしまいますよね。
例えばお酒を20本売りたい場合、20本分の梱包作業が発生します。

その一方で出張買取は梱包の手間がかかりません。鑑定士が訪れる当日までに、玄関先へ売りたいお酒をまとめておけば準備完了です。
買取業者は車で訪れますので、店頭買取のようにお店まで運ぶ必要もありません。出張買取は一番手間のかからない方法とも言えますね。

ただし、買取の際は申込書と免許証などの身分証明書類が必要です。
未成年の方が売る際は、親権者の同意書が必要になる場合もあります。
必要書類が分からない時は業者に聞き、当日までに用意しておきましょう。

そのまま手渡しで現金化

出張買取は即現金化が可能な買取方法です。店頭買取と同じように、買取が成立したらその場で現金を手渡ししてくれます。
店頭買取と出張買取との大きな違いは買取場所で、前者は業者の店頭、後者は自宅の玄関先となります。
そのため、家で現金を受け取れる点は安心感がありますよね。
即日買取してもらえることから、すぐ現金化したい方にもおすすめです。

また、キャンセルもその場で伝えられますので、もし買取金額に納得いかない時でも問題ありません。
できればキャンセルする事態は避けたいところですが、査定に納得できなければその場で買取を断れます。
これも宅配買取にはない出張買取のメリットです。ただし、買取に即OKはせず、査定結果の説明を来てから判断しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です