【焼酎】お酒買取の相場を知る|高く売れる焼酎まとめ

森伊蔵(もりいぞう)

画像引用元:https://www.nomooo.jp/column/53442/

森伊蔵は知る人ぞ知る焼酎で、3M(スリーエム)と呼ばれるプレミア銘柄の一つです。鹿児島県の垂水市にある森伊蔵酒造が製造しており、同酒造は伝統的な製法を守り続けています。
森伊蔵は製造本数が限られていて、入手が困難な焼酎として有名です。
森伊蔵酒造では定期的に抽選販売を行っていますが、毎回倍率は非常に高く、倍率が数百倍に上ることもあります。

森伊蔵の定価自体はとてもお手頃で、およそ2千円~3千円ほどで購入できます。
しかし、前述の通り入手困難な焼酎であるため、ネットオークションなどでの取引価格は高騰しています。
お酒の買取業者による買取価格も同様の傾向を示しており、買取相場は金ラベルの四合瓶で8千円前後、一升瓶であれば1万5千円~2万円近くの価格になっています。
また、すでに製造を終了した隆盛翁の四合瓶であれば、3万円~6万円もの値で買い取ってもらえる場合があります。

魔王(まおう)

画像引用元:https://www.kenko.com/product/item/itm_6913212672.html

魔王も3Mに数えられるプレミアム焼酎です。
鹿児島県の白玉醸造が作る芋焼酎の銘柄で、上質な米麹と甘みの強いさつま芋を使っており、芳香な香りを楽しめるのが特徴です。
しかし芋焼酎独特の香りは控えめなことから、焼酎ファンはもちろん、女性にも人気が高い銘柄です。
更に製造本数が限られており、希少価値の高さが価格の高騰に拍車をかけています。

魔王は四合瓶と一升瓶の2種類が販売されていますが、定価は千円~3千円程度です。
しかしプレミアが付くほど人気が高い銘柄でもあり、定価と比較した場合の買取相場も高めの傾向にあります。
一般的な焼酎とは違い、魔王の買取相場は四合瓶で千円~2千円、一升瓶が5千円程度です。特に一升瓶の場合、定価が3千円ほどですから、定価を大きく超える値で取引されていることが分かりますね。
四合瓶でも定価以上の買取価格が期待できます。

村尾(むらお)

画像引用元:https://www.nomooo.jp/column/53666/

そして村尾は村尾酒造が手掛ける乙類焼酎で、伝統的なかめ壺仕込み製法を守り続けているのが特徴です。
森伊蔵・魔王と合わせて3Mに数えられており、希少価値の高いプレミア焼酎に分類されています。
かめ壺仕込みで作られた柔らかい口当たりと、ほのかな芋の香りが楽しめ、非常に飲みやすいと人気の高い焼酎です。
定価は3千円ほどですが、他の3Mと同様に流通価格は数倍に高騰しています。

村尾の買取相場ですが、900mlのものが2千円、一升瓶が4千円~6千円程度と、他の焼酎に比べて高い傾向にあります。
買取業者の査定も高値が期待できますね。特に一升瓶の場合、状態によっては1万円近くの高値で買い取ってもらえる可能性もあります。
村尾の買取相場は安定しているため、いつでも高値を期待できる点が魅力です。

その他の焼酎

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/%E4%BC%8A%E4%BD%90%E7%BE%8E-%E8%8A%8B%E7%84%BC%E9%85%8E-1800ml/dp/B00K7WT9R6

焼酎の3M銘柄は、いずれも定価~定価以上の買取相場になっています。
一般の焼酎が定価の2~3割程度であることを考えると、かなり高いと言えるのではないでしょうか。
しかし、3M以外にも高値で取引されている焼酎の銘柄は様々あります。

特にプレミアム焼酎の元祖とも言われる伊佐美は、一升瓶の買取相場が2千円前後と、買取価格と定価がほぼ同じになっています。
3Mに比べると少々見劣りしますが、焼酎の中では高値の銘柄と言えますよね。
伊佐美は根強い人気があり、買取相場は比較的安定しています。

他にも、鹿児島県の佐藤酒造が手掛ける佐藤黒は、時期によって買取価格が高騰する銘柄です。
通常の買取相場は一升瓶で2千円前後ですが、流通数が少なくなると5千円を超える場合もあります。
買取業者によっては、更に高値になる可能性もありますので、一度査定してもらうのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です