お酒を売るときに注意!お酒の買取で減額対象になってしまうポイント

ラベルが剥がれている・ボトルや箱にキズがある

お酒の買取業者は、査定の際に様々なポイントをチェックしています。
特に重視しているのがボトル・箱の状態です。ボトルの状態などが良いと買取価格もアップする可能性がある反面、劣化したものは減額対象になってしまいます。

中でもラベルが剥がれたお酒や、ボトルの割れ・欠け・傷が減額に繋がります。
箱があるものなら傷にも注意しないといけません。大幅なマイナスになる場合もありますし、できれば査定前にチェックしておきたいところです。

液面低下(中身が減ってしまっている)

皆さんも開封済みのお酒を開拓はありませんよね。そのため、開封したお酒は基本的に買取対象外です。
しかし、未開封にも関わらず中身が減っているお酒についても、業者に減額されるか、買取を拒否される可能性があります。

保管状態にもよりますが、お酒はフタの隙間から徐々に蒸発していきます。
蒸発したお酒は味や品質が劣化しているおそれもありますし、瓶にヒビが入っている可能性も残されています。
このようなリスクがあるため、買取業者も減額査定にするか、買取してくれないんですね。特に長期間保管されたお酒は注意が必要です。

お酒を売る時は、事前に中身を確認しておきましょう。
もし減っている場合、値が付かない可能性も高いので注意が必要です。

ワインなどは温度管理に注意しないと減額に

ワインは温度管理が大切なお酒です。製造元のワイナリーも、温度には細心の注意を払っています。
何故なら、適切な温度管理ができていないと、味が変わる可能性が高いからです。味の変わってしまったワインは、もはや別物としか言えません。

これはワインを売る時も同じで、温度管理が適切でないものは減額されます。
中身の品質が劣化している可能性があるからですね。特に湿気の多い場所や常温で保管されたワインは注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です