【シャンパン】お酒買取の相場を知る|高く売れるシャンパンまとめ

ヴーヴ・クリコ・ポンサルダン

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%B4%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B3-%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%B3-%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%83%E3%83%88-%E7%99%BD-750ml/dp/B00194EWHS

ヴーヴ・クリコ・ポンサルダンは、シャンパンメーカーとして知られており、ヴーヴ・クリコの名を冠した様々な銘柄を製造しています。
そもそもヴーヴ・クリコはフランスのシャンパーニュ地方やランス地域で18世紀の後半に生産が始まったシャンパンです。
何といっても200年以上の古い歴史を持っているため、古くからヨーロッパを中心に親しまれている銘柄の一つで、現在は日本でも多くの方が愛飲しています。

ヴーヴ・クリコの価値は製造年代・銘柄により大きな違いがあります。
一般的なヴーヴ・クリコ・イエローラベルや、ヴーヴ・クリコ・ローズラベルなどは、1本あたりの買取相場は2千円~3千円前後。
これらは製造本数が多く、入手も比較的容易なため、買取相場は安定しています。

しかし、ヴィンテージによっては一本あたり1万円以上もの値が付くことも。
アンティークボトルであれば、10万円以上の買取価格も珍しくはありません。
大半の銘柄の買取相場は数千円ですが、こうしたお宝が眠っている点もヴーヴ・クリコの面白さです。

ローランペリエ

画像引用元:https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E8%8B%B1%E5%9B%BD%E7%8E%8B%E5%AE%A4%E5%BE%A1%E7%94%A8%E9%81%94%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%80%91%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3-%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%A8-%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%83%E3%83%88-LP-750ml/dp/B003WIGH9A

ローランペリエは、19世紀初頭から製造が始まったシャンパンの代表的存在です。
ペリエの愛称で親しまれており、20世紀末頃にはイギリスでプリンス・オブ・ウェールズの認証を取得しています。フレッシュでサッパリとした味わいと、奥深く豊かなブドウの香りを楽しめます。
世界中で多くの著名人に愛される、VIP御用達のシャンパンです。

シャンパンの銘柄の中でも、ローラン・ペリエの買取価格は高めの水準にあります。
元々の販売本数が少なく、希少性が高い影響を受けています。
例えばローランペリエ・グラン・シエクルなら5千円~6千円、ローランペリエ・キュヴェ・ロゼでも4千円ほどの買取相場になっています。
逆に3千円を下回ることは少ないため、どの銘柄も数千円の値での買取が期待できますね。

アレクサンドラ・ロゼのような最高級品は、買取相場も高値の傾向があり、およそ15千円ほどで買い取ってもらえます。
アンティークボトルや、シャンパンの状態によっては、それ以上の値で売れる場合もあります。

その他のシャンパン

高値で売れるシャンパンの銘柄は上記2つだけではありません。
例えば高級シャンパンの代名詞のドンペリニヨン(ドンペリ)は、ゼで2万円前後、プラチナやゴールドなら7~8万円で買い取ってもらえます。
木箱入りのアンティークボトルなら10万円を超えることもあります。こう見ると、全体的に高値ですよね。

また、年間数万本しか生産されず、幻のシャンパンとも言われるサロンは、年代を問わずに2万円前後、出来が良い年のものであれば3万円以上の買取価格が付きます。
サロンは非常に希少価値が高いため、これ以上の値で売れる可能性もあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です